知れば知るほど相談したくなるかも!工務店のあれこれについて紹介します!

このサイトでは、大手ハウスメーカーとは異なったサービスを実施している工務店についての情報を発信していきます。
国内では街中に数多くの会社があり、地域に密着をしたスタイルの営業を実施されているのが特徴です。
新築の建設からリフォーム、さらには住まいに関するお悩みの解決にも尽力をされているので、困ったことがあったら気軽に相談ができます。
知れば知るほどその魅力が際立つので、ここを参考にしていただければ幸いです。

知れば知るほど相談したくなるかも!工務店のあれこれについて紹介します!

工務店は新築建設の相談から、バリアフリーの設置・さらには外壁・屋根の修繕など色んな住まいの相談ができる会社です。
工務店の場合一元管理を実施されているのがポイントなので、希望を限りなく実現してくれるのがポイントです。
また内装や外構の施工の場合、専門の職人の技が必要ですが、工務店ではひとり親方と呼ばれる方とも提携をされています。
そのため、自社で対応できない業務も快く引き受けてくれるのが魅力となっています。

そもそも工務店って何?ハウスメーカーとの違いを比較して理解しよう!

家づくりの依頼先であるハウスメーカーと工務店、何が違うのか良く分からない人もいるでしょう。
特に工務店については、どういった会社なのかいまいちピンとこないことも。
ハウスメーカ-と比較することで、違いが見えてきます。
ハウスメーカ-はテレビCMなどで宣伝活動を行っていることから、知名度が高い大手企業です。
全国を営業の対象エリアとし、支店やモデルルームを各地に設けています。
独自のブランドを持ち、一定の基準などを設けることで品質を一定に保っています。
一方工務店は地域やその周辺といった狭い対象エリアで営業活動をしているような中小企業です。
地域の土地勘や風土などに詳しく、その地域に適した家づくりが行えます。
独自の基準等を持たない分、設計の自由度が高いと言われることも。
地元にあることでトラブルの際はすぐに駆けつけてもらえたり、いつでも相談できるといった安心感もあるでしょう。
工務店はこだわりのある家づくりを行いたい方に向いています。

地域密着型の強み!フットワークの軽い迅速な対応!工務店のメリットはこんなに沢山ある!

家づくりでは依頼先に工務店を選ぶ方も多く見られます。
中にはハウスメーカーとの違いを理解しているわけではないけれど何となく選んだという方もいるかもしれません。
施工後に満足して暮らしていくために、工務店の家づくりを知ることも大切です。
工務店は地域密着型で営業活動を行っている中小規模の会社で、地元やその周辺の地域などで知られているほどの知名度です。
個人事業で従業員を数人ほどしかかかえてないといった場合もあります。
材料や品質に一定の基準や規格を持つような大手のハウスメーカーと比較すると、設計の自由度が高く細部までこだわりのある方の家づくりに向いていることも。
地域密着型のメリットは地域特有の風土や土地勘に詳しく、その地域に適した家づくりを得意とします。
町医者のように、家のちょっとした困りごとも気軽に相談できます。
また近くで営業活動を行っていることから、すぐに駆けつけてもらえることも。
対応エリアが狭い分、迅速な対応が期待できるでしょう。

品質は?建築コストは?そして経営状態は?工務店のデメリットも知っておこう!

工務店で家づくりをするなら、知っておきたいのはデメリットです。
特に注意をしておきたいのは品質で、大手のハウスメーカーのようにシステム化されているわけではありません。
基本的には一点物なので品質にはバラツキがあり、一部には欠陥住宅を建てる工務店もあります。
しかし実績豊富で評判が良いところなら、一定の水準はクリアしているため問題にはならないでしょう。
同一規格で建てられていない家には、特別な建材などを使用しているため費用が高くなりがちです。
またメンテナンス費用も高い傾向がありますが、良心的な工務店なら費用を安く抑える工夫もしてくれます。
経営規模の小さな工務店を選ぶ場合は、経営状態にも気をつけましょう。
経営状態が悪いと施工途中に倒産してしまうリスクがあり、万が一潰れてしまうと施主には大きなデメリットです。
ですから必ず住宅完成保証制度に加入しているのか確認をして、倒産のリスクを減らしてから契約してください。

一口に工務店といっても実はタイプも色々!タイプ別に特徴や強みをチェック!

工務店はいくつかのタイプに分けることが出来ます。
先ずは、地域に密着した営業スタイルか否かで分けられます。
地域密着型は比較的小規模なところが多いですが、規模が小さくてもフランチャイズ契約をしている場合は少し特徴に違いがあります。
フランチャイズ形式は司令塔的な役割をしている部署が別にあり、その指示を受けながら仕事をするタイプになります。
実際に工事をするのは小規模な工務店になりますが、営業活動や打ち合わせなどは別のところから専門スタッフがやってくることが多いです。
専門スタッフに相談をしながら話を進めていける店がメリットと言えます。
フランチャイズでなければ、小規模なところはすべてを一カ所で行います。
家族的な経営がされているところが多く、すべてを同じ人と話して決めることが出来ます。
施工実績も近隣にあることが多いので手軽に確認することが出来ます。
規模の大きいところは、すべてを一カ所で行う点は地域密着型と同じですが、担当がすべて分かれていてそれぞれが専門スタッフという点が魅力です。

工務店に関する情報サイト
工務店をよく知ろう

このサイトでは、大手ハウスメーカーとは異なったサービスを実施している工務店についての情報を発信していきます。国内では街中に数多くの会社があり、地域に密着をしたスタイルの営業を実施されているのが特徴です。新築の建設からリフォーム、さらには住まいに関するお悩みの解決にも尽力をされているので、困ったことがあったら気軽に相談ができます。知れば知るほどその魅力が際立つので、ここを参考にしていただければ幸いです。

Search